こんにちは西宮アクア歯科クリニックです。

新型コロナウイルスの感染者数は緊急事態宣言が出て2週間が経過した今でも減少する傾向はありません。

引き続き、不要・不急な外出は控えていきましょう。

 

歯科医院は休業要請に含まれない、社会生活を維持する上で必要な施設に該当しているため、規模を縮小しながらも診療を続けております。

GW期間中も暦通り診察はしておりますが、緊急性の要しない治療は緊急事態宣言が終わるまでお控えいただく様お願い致します。

 

また当院インターネット予約も当面の間は使用中止とさせて頂きます。

当院では患者様同士が院内で密な状況にならないように診療規模を縮小して日々診療しております。

予約状況を正確に把握するためにお電話のみご予約を受け付ける形とさせて頂いております。

ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

 

緊急性を要する歯科治療とは

①痛み・腫れを伴っている (虫歯、歯周病、親知らず等)

②詰め物などが外れた(銀歯がとれた、歯が欠けた等)

③継続的な歯科治療を必要とする場合(一部神経治療、一部歯周病治療、一部矯正治療)

このようなことが挙げられます。

 

私の知人には医師もおりますが、Facebook上でアップしているコメントを読むと現状は報道されているニュースに比べて

も医療崩壊は進んでいると実感します。

5月6日までとされている緊急事態宣言も延長するのではないかとされています。

個人的には賛成です。

ここで中途半端に気を緩むことなく、しっかり対応仕切ってから解除すべきだと思います。

 

現在国内の感染者は累計で1万4128名。亡くなられた方は384名になりました。

兵庫県明石市では、消防署の救急隊員が新型コロナウイルスに感染しました。
隊員が搬送した患者も感染が判明しています。
明石市消防署の救急隊員の男性は、頭痛の症状がある70代の女性を搬送しました。
その後、女性が新型コロナウイルスに感染していることが分かり、自宅待機していましたが、24日に発熱し、検査したところ陽性と判明しました。

医療現場での感染拡大が起こっています。

当院でも新型コロナ対策をしっかりと行い、一医療従事者としての覚悟と責任感を持って治療にあたりたいと思います。

 

西宮アクア歯科クリニック