こんにちは、西宮アクア歯科クリニックです。

10月にはいりましたが、まだまだ残暑が続いております。

今日も各地で30度を超える暑さとなり季節外れの熱中症に注意がいるようです。

朝晩は寒く、日中との気温差が大きくインフルエンザも流行してきているようです。

体調管理には十分にお気をつけください。

 

さて、先日の土日で大森先生が講師をされるADPRインプラント補綴コースを受講してまいりました。

インプラントの予後を左右する上部構造が清掃性が良く、見た目にも優れ、しっかりインプラント体をフィットしたもの

を製作するためのいろいろなヒントを多数教えて頂きました。

img_3270

模型上で様々な場合を想定し、行なっていきます。

既成のソリッドアバットメント、カスタムアバットメント、1ピースタイプ、2ピースタイプそれぞれのプロビジョナル

など実習が豊富で非常に時間が経つのがあっという間でした。

前歯部においてはカスタムインプレッションコーピングについてしっかり学び直すことができ疑問点も解消されました。

img_3271img_3273

また上部構造の印象の手順についても、大森先生オススメの材料やより精度の高い印象を行うためのコツを多数教わった気がします。

qribvkkqvo3dmduwpjzja

以前のブログでお伝えしたこともありますが、インプラントは万能ではないというのが個人的な考えです。

「自分の歯(天然歯)を失った時の治療法の1つではあるけれど、天然歯に勝る治療法ではない」

歯を残せるチャンスがあれば、歯を残すことを試みて、実際に歯を失ってしまった時にインプラントは有効な治療法として考えています。

当院ではそのような点も踏まえて他の治療選択肢であるブリッジ・入れ歯・部分矯正などと合わせて患者様とご相談を行い、

その患者様にとってベストだと思える治療を共に考えていけるようにしています。

 

インプラントにしても自分の歯にしても、その予後をきめるのは患者様自身の毎日のセルフケアと

歯科医や歯科技工士が製作する補綴物の形態や精度、どちらも大変重要なポイントです。

今後も今回学んだことを生かして、より精度の高いインプラント治療を行うよう精進したいと思います。

 

*****************************************************

 

10月になりまだまだ暑いですが、当院のハガキも模様替えを行います。

fullsizeoutput_e15

当院のオリジナルキャラクター、ぺんた、ブラッシー、ホワイティがいつものハガキとちょっと違うことをしているようです。

細かい違いや秋の季節感を楽しんで頂けたらと思います。

2019年も早いものであと3ヶ月となりました。

ラグビーW杯も現在盛り上がっていますが、来年はいよいよ東京オリンピック!

あの「おもてなし」からはや数年。いまから待ち遠しいですね!!!