こんにちは、西宮アクア歯科クリニックです。

昨日は9月13日 中秋の名月でした。

私は診療後、歯科医師会館にて業務を行なっており、帰宅時にふと空を見上げてみても

雲でまったくお月様がみえませんでした…

帰宅後、家の中で蛍光灯をみてみると

gpxtfg6mqmuzbgsna6lka

お月様です(笑)これはグッドアイデアだと感心しました!

 

今日はお天気も良さそうで空気も澄んでおり良いお月様が見られるのではないでしょうか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

さて先日は当院衛生士がモリタで行われたセミナーに参加してきました。

cache_messagep11902

cache_messagep11904

1日通して行われ、非常に充実した内容だったようです。

11月には今回の続きとしてアドバンスコースにも参加いたします。

img_3226img_3227

当院には現在3名の常勤歯科衛生士がおりますが全員研修を受ける予定です。

お口の中の2大疾患といえば、虫歯と歯周病です。

どちらに関しても言えることは予防ができるということ。

 

普段何気なく、なんでもしっかり噛めて食事ができる環境はお口の健康の上に成り立っています。

その健康が虫歯や歯周病で害されてしまい、症状として現れてから歯医者さんにいく形ではどうしても

治療は後手後手になりがちです。

そうならないためにも定期検診やお口のメンテナンスは非常に大切な機会といえます。

 

「歯磨きをしっかり時間かけて1日3回必ず磨いている!」

とお口のケアの大切さに気づきしっかり磨いている方でもそれぞれ磨き方にはその人特有の「クセ」が存在します。

結果磨けていないところは磨けていない状況が長く続き、歯垢歯石の沈着に繋がります。

定期的な検診やメンテナンスでは私たちはお口のケアのプロフェッショナルとして

患者様一人一人にあった毎日のセルフケアをご提案し、実践していただけるようにサポートしています。

 

しかし、歯医者という場所はいまだに痛い・怖い 場所の代表です。

当院には「数十年ぶりに歯医者に勇気を出して来た」 という方がたくさんいらっしゃいます。

そのほとんどの方が歯科に恐怖心を抱いており、「痛くないように治療してほしい」と強く念押しされます。

 

この状況は我々歯科医療に携わる人間が考えないといけない問題点だと思います。

今ある虫歯や歯周病をしっかり治さなければいけない!という思いが強すぎる余りに

最初から患者様に痛みを強く伴う処置をしてしまうのは良い点と悪い点があると私は考えます。

まずは実際の治療の前に「気持ちの問題」をしっかり診て、患者様の考え方を通して今度の診療方針を検討する、

そのような治療方針も時には求められると毎日の臨床をしていて思うのです。

 

もちろん、虫歯や歯周病を放置して重症化している場合には緊急を要し、早めの処置が大切な時もあります。

木を見て森を見ず という言葉は歯科でもよく使われます。

そのほとんどは歯1本だけをみず、口腔内全体をしっかり診るという概念で使われますが、

さらに言えばその先には患者様の心の問題にまで診ていく必要があると私は考えています。

 

その気持ちは当院スタッフ一同共有してくれていると毎日の働きぶりを見て実感します。

衛生士スタッフはお口の中の予防をサポートする患者様のパートナーです。

そのため当院では可能な限り担当制として施術にあたります。

継続してメンテナンスを行うことで前回からの歯磨きやお口の中の状況をより深く理解できると思うからです。

私も衛生士に負けず、自分の臨床スキルの向上に日々精進し、より内容のある口腔ケアを実践できるよう頑張りたいと思います。

 

朝晩は冷んやりとしてまいりました。

皆さま体調管理には十分にお気をつけください。

 

西宮アクア歯科クリニック

0798-23-3003