こんにちは、西宮アクア歯科クリニックです。

令和になってあっという間に1ヶ月が経とうとしています。

このところ、もう夏がきたか!と思うような30度を超える毎日で暑いですが

涼しい風も吹いて過ごしやすい季節ですね。

 

沖縄ではもう梅雨入りしたようです。

もうすぐジメッとした梅雨の季節ですが、体調管理には十分にお気をつけください。

 

さて5月〜6月は学校健診の季節です。

今年は3校に歯科健診にお邪魔します。

先日は浜脇小学校で学校健診がありました。

img_2864

今年で3年連続になります。もうそんなにたったんだという思いです。

今年の健診では5年生を担当しました。

健診では自分の身で直接、現在の子供達の口腔内の状態を知ることができるので非常にためになる機会となります。

感じたことは

①矯正治療を始めているお子さんが多い

②虫歯は少ないが、ある場合に複数本あり偏りがある

③口腔内清掃状態もできている子とできていない子で差が激しい

 

といった所が気になりました。

所謂【混合歯列期】と呼ばれる乳歯と永久歯が混在する時期で、親御さんも自分の子供の歯並びが悪いかも…と

気になって歯医者さんに相談した結果矯正治療をスタートする場合が多いと思われますが今年は特に多く感じました。

 

子供の矯正治療の場合は、何らかの装置を用いて顎を広げて歯が並ぶスペースを確保する装置が入るのですが

お口の中にはこんな装置が入ります。

rapidexppost

これだと非常に磨きづらい状況になるので、私たちもこのような装置を付ける際には磨き方や毎日のケアについて詳しく

ご説明させて頂きます。

健診で感じた興味深いことは

 

「このような矯正装置が入っている子供のほうが何も入っていない子供よりきれいに磨けている」

 

ということです。

小学校5年生ともなると親御さんの仕上げ磨き等もなく、自分で毎日歯磨きするだけになることが多いと思いますが

やはり大切なのは 自分の歯に興味を持ってもらうこと だと思います。

「テレビがみたい」「ゲームがしたい」

子供の興味はいろいろ他にあると思いますので、歯磨きとかお母さんに言われるからやるけど適当で…

となってしまう事もあるでしょう。

残念ながら永久歯がすでに虫歯になっている子供も中にはいました。

 

永久歯は自分の一生お世話になる歯です。

健康の財産になります。

 

それが失われてからその大切さに気がつくことがないように

我々ももっと啓発活動を行い、まずは歯に興味もってもらう。

そして毎日のセルフケアがどれだけ大切か知ってもらう機会をつくる。

知ってもらえれば、矯正治療中の子供達のように自分たちでしっかり磨いてケアしてくれるようになると考えています。

 

今年の健診はあと2校。うち1校は中学校になります。

また実際に自分で診て感じたことをアップデートしていきたいと思います。

 

西宮アクア歯科クリニック
〒662-0918 兵庫県西宮市六湛寺町9−6早川ビル1F
Tel: 0798-23-3003 Fax: 0798-23-3966