こんにちは、院長の滝川です。

昨日日曜日に大阪の中之島で当院が使用するインプラントセミナーに参加してきました。

img_3097

インプラントは基本的に骨の中に埋めるので、骨がない状態では処置ができません。

そのような顎の骨の状態が少ない方や、前歯など見た目の仕上がりが特に重要な部位へのインプラント治療に

ついてのポイントや知識を整理できる良い機会になりました。

 

お口の中の現状を見てただ処置を行うのではなく、「なぜそうなってしまったのか」という過去の原因の診断と、治療後の未来に

どのようなリスクがあるのかという予知の診断が特に重要だと考えています。


インプラントは、多数のメーカーがあり、日々色々なインスツルメントが更新されていますが、講師の先生がおっしゃっていた

 

「最新が最善とは限らない」というお言葉が非常に感銘を受けました。

過去のデータや研究などエビデンス(証拠)に基づいた治療技術や材料が最も信頼と安心が得られると感じます。

 

当院で使用するインプラントはstraumann社製になります。

ITIという学術組織の豊富な臨床データや研究結果の裏付けがあるので、全て統一して使用しています。

ご質問などはいつでも受け付けております。実際インプラントに関するご質問はホワイトニングと並んで非常に多いです。

お気軽にお申し付けください。

 

さて、梅雨ももうすぐ開けて、夏本番ですね。先日、ありがたいお言葉がネットの当院に対する口コミでありました。

「待合室が午前中、直射日光が入って暑い」という内容です。

コメントしていただいた患者様にはこの場を借りて御礼申し上げます。

その他にもコメントを頂いており、スタッフとも全て拝見させて頂いております。ありがとうございます!

 

その後全体ミーティングでスタッフと相談し、待合室にロールカーテンを導入することになりました!

工事も1週間後で、夏の日差しが暑くなる前に間に合いそうです。

 

出来る限りお待たせしないように努めますが、お待たせする間は少しでもリラックスして頂けるような空間になるよう

今後もご意見を頂きながら病院の設備もアップデートしていきたいと思います。